ポートランドのブルワーが語るビアパブ論

Hood to Fujiのプレイベントとして関係者のみが参加出来るセッションがあり、有り難いことにお誘い頂きました。なかなか無い機会なので、先日雨が降る中代官山に行って参りました。その時の内容は専門的な醸造技術の話やこれ…

風が吹けば桶屋が儲かるそうなので、やるなら今でしょ

「風が吹けば桶屋が儲かる」と昔から言います。何かが起こると、めぐりめぐって意外なところに影響が及ぶことの例えとして使われる慣用句ですね。お話としてはこういうものだそうです。 風が吹くと土ぼこりがたって目に入り盲人が増える…

丁寧に語るために必要なことの一つ

クラフトビールが広まり始め、ドラフトを提供している飲食店も増えました。ブルワリーも300軒を超えていますし、インポートを含めたらいくつブランドがあるのか最早把握できないほどです。短い間に一気に増えました。選択肢が多くなっ…

【雑記】コスパと期待と対話のこと

「コスパ」という言葉が好きではない。どちらかと言うと嫌いです。なんとなくだけれど心の奥に確実に存在するこの嫌悪感は何なんだろう、、、といつも思うのです。 気になったのでwikipediaでコストパフォーマンスについて調べ…

スゴさが共有出来ないもどかしさについて、たとえばSORACHI1984のこと

改元もしたし、GW中ですからあんまり小難しいことを書いても仕方ないよなぁと思うのでちょっと好きな音楽のことでも書いてみようかと筆を執りました。 ヘタクソながら趣味でギターやベースを弾くのですが、18歳でこのバンドに出逢っ…

日本にも「クラフトビール」(地ビール)を定義している団体がある

いきなり本題です。実は日本にクラフトビールを定義している団体があるって知っていましたか? 全国地ビール醸造者協議会(JBA)という、日本全国のビール醸造会社が加盟する団体があります。こちらは全国地ビール品質審査会や醸造家…

新境地の価値と値段の話

有名な日本酒に獺祭というものがあります。山口県の旭酒造が作る純米大吟醸専門のブランドです。大変有名なので召し上がったことがある方も多いのではないでしょうか。前掛けや暖簾には「山口の山奥の小さな酒蔵」というキャッチコピーが…