2018年5月にたくさん読まれた投稿のまとめ

Jun 25, 2018

毎月恒例の月間まとめを。時期外れですが、ご容赦くださいませ。さて、2018年5月にたくさん読まれたものはこんな感じでした。まだご覧になっていらっしゃらない方は是非ご一読くださいませ。

【プロ向け】キーケグ大解説
【ビアパブ向け】ビール祭りに行ったらブルワーに尋ねるべきこと
仕事として飲むということ
【雑記】クラフトビールがアートであるならば
【ブルワリー向け】酒屋・問屋に卸す条件
ホームタップとそのインパクトについて
NEW ENGLAND IPAを知るなら、これを読みなさい!
クラフトビール感の相違について考えた
ブームだからこその危機感
本当のリアルエール

ビール祭りや流通に関する内容が多かったですね。ビール、発泡酒の要件が変更となり、それに間に合わせるよう免許を取得したブルワリーが2バッチ目、3バッチ目あたりをリリースしていて、国産・輸入ともにかなりアイテムが増えました。選択肢が増えること自体は良いことですが、その中でちゃんと美味しいものでないと消費者は離れていってしまうと思います。やはり元々ビールとして美味しいということとそれを美味しく運ぶこと、そしてそれをちゃんと語って届けることを関連する各レイヤーがしっかり意識して活動しなくてはならないのではないでしょうか。

Related Post



RELATED POSTS