7月27日、ドラフトサケ開栓!@両国・麦酒倶楽部ポパイ

Jul 5, 2019

クラフトビールはクロスオーバーだ。

ビールの文脈だけでなく、隣り合う様々なものを取り入れて新たな解釈が生まれる。他の領域を侵食し、自らビールであることを否定するイノベーションの連続。「んん?ビールなのか?ビールじゃないのか?」というギリギリの感覚にずっと魅了されてきたのです。

だったら、他のお酒がビールの文脈で解釈され、語られてもいいじゃないか。

・・・こういう話をしたことがきっかけなのでした。

私のバカみたいな話に本気で耳を傾けて下さったのはWare House Japanさんと徳島県の三芳菊酒造さんでした。

Ware House Japanは自社HPでこう語っています。

ウェアハウス・ジャパンは長期保存に耐える日本酒の開発と販売を目的とした会社です。
ヴィンテージのある日本酒は未だ評価の基準がありません。
日本酒ファンの皆様と、蔵元さん、そして私たちでが作っていく、新しいお酒の楽しみ方へのチャレンジです。
日本全国の様々な蔵のお酒を楽しんでいただくため、ラベルのデザインを共通にしています。
ラベルの番号は、県番号2桁、蔵番号2桁、スペック番号3桁で構成されています。
コレクションは毎年増えていく予定です。

そして、扱うお酒にはこの3つの特徴があります。

・ヴィンテージ
仕込みの確かな日本酒は保存にもよく耐え、「味が乗る」ことは昔からよく知られています。
私たちは、お酒のフレッシュな魅力と、熟成による味わいの変化のいずれも体験していただくため、仕込んだお酒を一定量保管することにいたしました。
日本酒の味はさまざまです。気に入ったお酒を長く楽しんでいただけるよう、日本酒のヴィンテージにチャレンジします。

・ハウススタイル
当社では、杜氏に「売れる酒」を要求するのではなく、「作りたい酒」「保全していきたい酒」「昔ながらの造りの酒」を仕込むようお願いしています。
長い伝統を誇る酒造りに敬意を払い、さらに未来に繋げるための仕事をしたいと思っています。

・テロワール
ワインやお茶などの地域的特性をテロワールと言います。
日本酒も蔵の近くに育つ米を使い、蔵の近くに湧く水で醸されてきたものです。
また、土地柄によってお酒の好みに違いがあることも、地域的な特長と言えるのではないでしょうか。
ラベルにデザインされた県番号はそんなテロワールを感じていただくための配慮でもあります。

ミニマルなラベルやその表記、ワインに通ずるビンテージとテロワールの概念。CRAFT DRINKSはWare House Japanの思想に強く共感します。その思いが王室にも通じたのでしょう、WHJコレクション「3901001 文佳人」が、モナコ公室の御用達となりました。

そして、CRAFT DRINKSが全身全霊をかけて応援している徳島県の酒蔵、三芳菊酒造です。これまでの常識に囚われないビジュアル。独自の酵母とそれによる独特な風味。それは南国フルーツとヨーグルトのようでもあり、今までの日本酒とは一線を画すものだと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nice design!! It’s very new wave of Japanese Sake. #miyoshikiku #label #design #kawaii #manga #sake #yummy #tokushima

CRAFT DRINKSさん(@craft_drinks)がシェアした投稿 –

私のような者にその魅力を語り尽くすことは出来ません・・・拙筆が悔やまれる。三芳菊酒造を今日初めて知った方も、そうでない方も是非こちらを読んでください。

初心者でも飲みやすく!“ワイルドサイドを歩く”三芳菊のお酒造り

 

そんな3者が集まって生まれたのがドラフトサケ。そして、ドラフトサケBatch2に続き、Batch3が遂に解禁です。

クラフトビールの聖地、両国の「⻨酒倶楽部ポパイ」様で、新スタイルの日本酒のイベントを開催いたします 。
「WALK ON THE WILD SIDE BATTCH2」はビアサーバーから注がれる、新しいタイプの日本酒です。サー バーがあるお店なら簡単に導入が可能。野外イベントなどにも対応できます。
「BATCH2」は純米吟醸酒に炭酸を加えてケグ詰めした日本酒で、酸素に触れることがないため劣化しにくい性質があり 、さらにラムネのような独特の風味が得られます。 現在⻄千葉のビアバー「ビアラッタ」様で提供中で、すでに4樽を撃ち抜いていただいています。 大好評のドラフト酒の 魅力を是非体感してください。
今回は新たに「BATCH3」も用意いたします。 「BATCH3」は、よりお求めやすい価格帯で、お気軽に導入できるよう開発した新商品です。
今回は、おもに飲食店様向けのイベントとなります。 開始から40分ほどは商品の説明をさせていただきます。 一般の方のご参加も可能です。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

【登壇予定】
開発元・販売元 ウェアハウス・ジャパン代表 白石
技術指導・開発協力 CRAFT DRINKS代表 沖
製造元 三芳菊酒造代表 馬宮

【イベント情報】
開催日:2019年7月27日(土曜日)
会場:麦酒倶楽部ポパイ 〒130-0026 東京都墨田区両国2-18-7
受付開始:13時00分
開始時間:13時15分〜14時45分
参加費:セミナー付き一般会費1,500円 、飲食店関係者会費1200円(当日会場にて現金でお支払いくださいませ)
※下記リンク先の予約専用ページからご登録をお願い致します。

イベント予約ページ(別ページに移動します)

会場:麦酒倶楽部ポパイ
〒130-0026 東京都墨田区両国2丁目18−7

Related Post



RELATED POSTS