CRAFT DRINKS BARREL AGE PROJECT 2019 第2・第3弾!! Japanese Whisky Barrel Aged Tripel & Quadrupel

Feb 25, 2020

第2、第3弾のご紹介です!CRAFT DRINKS BARREL AGE PROJECT 2019、リリースとなりました。今回はなんとJapanese Whisky Barrel Aged Tripel & Quadrupel。ベルギーの修道院スタイルのものです。

2018年は東京のDEVILCRAFTと一緒に作りましたが、今年はCRAFT DRINKSが応援している静岡のkakegawa farm brewingとご一緒させて頂きました。始まりは去年の秋のことです。醸造家の西中氏に会ってバレルを使ったベルジャンスタイルのビールがやりたい!と熱弁したことを思い出します。ベルジャンスタイルのビールは今少々人気が無いのですが、ホップに頼らない、熟成に耐えうる強い味わいのお酒が絶対に木樽に合うと確信していたからです。

これらのビールについてヘッドブルワー・西中氏よりコメントを頂いておりますのでご紹介致します。(第一弾のOud Bruinについてはこちらをご覧ください。)

今回は2種同時リリース致しました。初めに Tripel (トリペル、トリプルとも)についてです。こちらは修道院スタイルのビールです。こちらをウィスキーバレルに入れて10ヵ月寝かせました。綺麗な黄金色を帯び、樽で10ヵ月寝かせることにより角を取り丸みのある味になっており非常に柔らかくトロっとした飲み口。味は柔らかい甘みとアルコールの辛さの感じるものですが、キレが良くすっと消えていきます。特徴的なのはその香りです。バニラのような甘い香りが立ち込め、それに熟成からくるアプリコットのような香りがありとても上品に感じる香りが立ち込めてきます。飲むとなお一層その香りが口中に広がり味と行くより香りで余韻を楽しめるようなお酒です。デザートなど甘いものと合わせてゆっくり飲むのに最適なお酒です。

次はQuadrupel(クアドルペル、クアドルプルとも)です。高比重のベルギーの修道院スタイルであるQuadrupelというビールをウィスキーバレルに入れて10ヵ月間寝かせました。通常の麦芽使用率の4倍近い麦芽を使用した濃厚なビールにさらに複雑実を持たせるためにアニス、クローブ、カルダモン、シナモンなど8種類のスパイスを加えています。さらにそれを10ヶ月間ウィスキーバレルで寝かせることにより味のまとまりと奥深さを与えています。シェリー酒やポルト酒のようにワインやドライフルーツのような香りがあります。トロっとした飲み口で甘み、酸味、苦み、辛味が感じアルコールの既発とともに鼻に抜ける上品な香りで余韻も楽しめるお酒です。ビールの域を超えた複雑で濃厚な味わいをゆっくりと味わっていただきたいです。

どちらも極めて本数が少なく、すでにCRAFT DRINKS SHOPで完売しておりますが、今後順次お店のタップに繋がると思います。開栓情報についてはfacebooktwitterにて確認次第随時ご案内差し上げます。見かけたら是非お召し上がりください。



RELATED POSTS