Craft x Tech クラフトビールの未来を作る “BREWALK”

Sep 13, 2018

今、渋谷の再開発がアツいです。駅の南側に流れる川沿いも随分と様変わりしています。そんな中、Shibuya River Fesという複合イベントが9月15日から開催されます

パナソニック、カフェ・カンパニー、ロフトワークの3社が共同で運営する100年先の世界を豊かにするための実験区「100BANCH」は、施設が面する渋谷川沿いに遊歩道が整備されることを記念し、9月16日(日)にマルシェや展示などが体験できる「100BANCHストリート」を展開。16プロジェクトが皆さんをワクワクさせる公開実験を開催します。

催しは非常に個性的で、マルシェでは「Polca食堂」や「コオロギラーメン」など食の未来を探求するプロジェクトが出店しますし、移動しながら暮らすという新たなライフスタイルを提案する「BUSHOUSE」や、室内型菜園「Growroom」に「アクアポニックス」を組み込んだ新しいシンボルの展示なども。興味深いものばかりなので、是非こちらで一覧をご覧ください。

さて、そのイベントの一つを私どもCRAFT DRINKSもお手伝いしております。新しいクラフトビールのあり方を提案するサービス”BREWALK”(ブリューウォーク)が本邦初公開されます!

ここ数年でブルワリーもたくさん増えましたし、取り扱うお店も急増中。全国で無数のクラフトビールフェスティバルも行われ、リリースされる銘柄の数もものすごくて情報を追いかけるのも大変です。クラフトビールが全国的に広がってきている実感もあるのですが、実は年を追うごとに何だか変な感じで敷居が高くなってきているとも感じ始めるようになりました。ビールってそんなにかしこまって飲むものでもないよなぁ・・・と思っているCRAFT DRINKSはなんだかモヤモヤするのです。クラフトビールは決してマニアのものではありません。クラフトビールは誰にとってもアクセスしやすい、気軽なものであるべきです。CRAFT DRINKSはそういう部分をテクノロジーを使いシンプルにまとめることで、美味しくて楽しいクラフトビールの世界にもっと気軽に触れて頂きたいと思い、BREWALKプロジェクトに大いに賛同し、初期の段階から強力にサポートしております。

本イベントでは、会場となる渋谷LANDの前のスペースにビールサーバーを構え、私どもCRAFT DRINKSが自信を持ってオススメする新進気鋭のクラフトブルワリーの作品を毎日日替わりでご提供します。小規模なブルワリーが造る魅力的なクラフトビールを提供しながら、それに付随するBREWALKという新サービスの概要も初公開されます。実際BREWALKはまだ開発中のものですが、BREWALKのコンセプトムービーもタブレットでご覧いただきながらその内容や構想についても詳しくお聞きいただけます。ビールも間違いなく美味しいし、この新サービスで拓ける未来のクラフトビールの世界を感じて頂けると思います。BREWALKがリリースされた暁には今よりもっと素敵なクラフトビールライフが間違いなく訪れる、そう私どもでは考えています。クラフトビールに関わる全ての皆様にもっとワクワクを!Craft x Techでもっと楽しいクラフトビールを!ぜひご期待下さい!

そんなBREWALKが、東京・渋谷の100BANCH一階のLAND前のスペースでご紹介されますので、皆様是非お越しください。クラフトビールの未来を感じて頂ければ幸いです。CRAFT DRINKSも開催期間の9月15〜17日11:00〜全日サービングしております。皆様にお目にかかるのを楽しみにしております!

会場の100BANCHはこちら。毎日11:00からオープンしています!!

 

Related Post



RELATED POSTS