自分史上最高の発見かと思ったのですが・・・

Mar 16, 2016

根っからの甘党です。お菓子大好き。「酒飲みは甘いのが嫌い」などとよく聞きますが、残念ながら私は例外です。ビールに甘いものを合わせることも多く、スタウトにバニラアイス、ベルギーの濃い目のビールにチョコレートなんか最高ですね。「このまま死んでもいいかも・・・」というくらい、美味しい。

ビール単品も面白いのですが、食べ合わせを考えるともっと面白いです。「どうせビールなんだし、フライドポテト合わせておけば良いんだよ」というのはもう古い気がします。クラフトビール自体が多様化しているのですから合わせ方も多様化して当然で、今までの常識を疑ってみたり、再確認したりするのも良いでしょう。やってみないと分かりませんし、変な組み合わせも案外イケたりすることもあります。常識にとらわれず、面白がりながら愉しめば一石二鳥です。(そういえば、「脱コモディティ化」の話も以前書きました。宜しければご覧ください。→ビールの物流 コモディティとしてのビール

さて、そんな発想に駆られて色々と試していく中、最近流行っているIPAなどのしっかり苦いものはどうしたら良いのか?という壁にぶつかりました。甘いものを合わせるにはどうすべきか?そもそも合うのか?という問いに対して一人実験を繰り返す日々を送ってきました。キッチンにこもって試作してみたり、コンビニやスーパーに行って色々と買い込んでパクっと食べては飲み、パクっと食べては飲みを続けてきた結果、一つお手軽に出来る素晴らしい組み合わせを発見しました。

チョココ×IIPA

チョコレートのかかった抹茶味のクッキーなのですが、よくある安い抹茶クッキーとは違います。ちゃんと抹茶の渋さ、苦味があるのです。軽めのIPAだとクッキーの甘さが勝ってしまってバランスが悪いですが、DIPA(ダブルIPA)やIIPA(インペリアルIPA)のような度数の高い、ボディの強いものだとよく合いました。渋みを逆手に取った、ナイスな組み合わせではないでしょうか。控えめにかけてあるチョコレートもいい仕事をしていますので、是非お試しください。損はさせませんよ。

やったー、すごい発見をしたぞ!!自分史上最高の発見かも!?と一人ガッツポーズをしていたのですが・・・

そう言えば、お茶を組み合わせたビール、もうありましたね。Baird / Ishii / Stone Japanese Green Tea IPAというトリプルコラボレーションのインペリアルIPAが。確かに私も以前飲みましたし、ちゃんとお茶の風味も感じて美味しかったです。あの時の舌と鼻の記憶が無意識に上がってきたから、「抹茶×IIPA」の組み合わせにピンときたのかもしれません。うーん、なかなか世紀の発見とはいかないものですねぇ。ま、いいです、美味しいので(笑)これからも頑張って研究を続けます。

Related Post



RELATED POSTS