インベヴ、カムデンタウンを買収

Dec 22, 2015

緊急速報です!イギリス・ロンドンのCamden Town Brewery(カムデンタウン醸造所)がインベヴのパートナーになりますと発表がありました。色んな憶測もちらほら聞こえてきます。詳しく発表を見ていきましょう。公式HPの発表の全文はこちらから。

まず押さえておきたいのはカムデンタウン醸造所はイギリスのシーンを牽引する注目のブルワリーであることです。Kernel(カーネル)やBeavertown(ビーヴァータウン)などと並んで非常に人気があります。従業員95名、年間生産量約600klで規模も決して小さいわけではありません。そのビジネス自体は極めてうまくいっていたはずです。

Camden Town Brewery today announced that it is partnering with Anheuser-Busch InBev (AB InBev) to pave the way for further growth and expansion. The partnership will enable Camden Town Brewery to expand its operations, bringing more of its popular canned, bottled and kegged beer to more people. The deal will see AB InBev acquire Camden Town Brewery.

冒頭の説明はこうです。「さらなる発展と拡大を求め、インベヴ社とパートナーになりました。」という非常にざっくりした内容で始まります。

The deal follows a successful bid by Camden Town Brewery to raise capital via crowd funding and will support the company’s plan to build a second brewery in London, employing 30 more people and meeting growing demand for its products. The partnership will enable Camden Town Brewery to brew more of its own distinctive beers and continue to innovate, while maintaining its focus on quality.

続く部分で具体的に事情を説明しています。「クラウドファンディングで資本を積み増して第二醸造所をロンドンに建設する予定で、雇用を増やし急増する需要にも対応できるようになります。このパートナーシップによって品質を担保しつつカムデンタウンが醸造量を増やすことができます。」

Jasper Cuppaidge said: “Our growth has been phenomenal. To keep up with the demand for our distinctive beers we’ve had to look at expanding our brewing capacity and team. AB InBev is going to be our strategic partner, helping us maintain the character and quality of our beers, while giving us access to the investment we need to drive Camden to being ever more successful at home and abroad.

“Opportunities like this come rarely. We believe we must have the ambition to grab this opportunity and turn Camden Town Brewery, and the quality it stands for, from being an outstanding London brewer to being a world famous one.”

カムデンタウンの社長ジャスパー氏によると、「需要に応えるには拡大が必要で、インベヴはその戦略的パートナーになってくれます。品質やキャラクターは保持し、国内外での成功にかかせない投資に導いてくれます。こんなチャンスは滅多にない。」

インベヴ側の意見はこうです。

Iain Newell, European Director of Specialities & Craft, AB InBev, said: “We have a passion for great beer. Camden Town is a creative business with a great range of brands that will complement our existing portfolio. We will support their ambitious plans for the future, using our expertise and global distribution network to help them get their great beer to more people.”

「カムデンタウンは素晴らしいビールを作っている会社で、そのビールは我々のポートフォリオを完成させてくれるでしょう。先に控える野心的な計画をサポートし、更に多くの人にビールが届くようグローバルな配送ネットワークも活用します。」

今のところ判断材料が少なすぎて何とも言えないわけですが・・・何だか大人の事情がありそうな気がします。色々なご意見があるかと思いますが、CRAFT DRINKSとして気になるのは「本当にパートナーシップは続くのか?」という点です。ポートフォリオ上大事だと言ってはいますが、meantime(ミーンタイム)の例もあるようにシーンの移り変わりによっては売却されてしまうかもしれません。

「クラフト大手」になる為には「莫大な設備投資」を求められるタイミングが必ず訪れる。その時どうするか?カムデンタウンはそのケーススタディになってくれそうな気がします。これからも動向に注目していきたいと思います。なお、この件は来年1月7日までに決着するそうです。

Related Post



RELATED POSTS