アメリカンブロンドエールと文脈

Jun 27, 2017

CRAFT DRINKSでは自身でテイスティングして美味しかったものを取り扱うようにしています。珍しいことや希少性よりも、純粋にお酒としてちゃんと醸されていて美味しいことをまず重視したいと考えているからです。自分自身が美味しいと思えないものはオススメ出来ません。敢えて書くほどのことではありませんし、当たり前の話なのですが。

さて、先日とあるビール祭りで美味しいドラフトビールに出会いました。Kona BrewingのBig Wave Golden Aleです。ホップ由来のトロピカルな香味とモルトのクリスプな味わい、軽い度数でドリンカビリティも非常に高い。こじんまりとしてはいるけれどかなりの精度でまとまっているビールで、思わず「お!」と声が出てしまうほど。夏にパイントグラスでゴクゴク飲みたい一杯だなぁ・・・と一口飲んだ瞬間にピンと来たのでした。(ちなみに、醸造所の情報によるとホップはギャラクシーとシトラだそうです。なるほどね。)

アメリカンブロンドエールというスタイルをご存知でしょうか?ド定番中のド定番なのですが、あまり知られていないと思うのでご紹介しておきましょう。実はKona BrewingのBig Wave Golden Aleはこのアメリカンブロンドエールの典型としてBJCPで筆頭に挙がっているのです。

最新版であるBJCP(Beer Judge Certification Program)2015年版の18Aというところを見てみたいと思います。

18A. Blonde Ale
Overall Impression: Easy-drinking, approachable, malt-oriented American craft beer, often with interesting fruit, hop,
or character malt notes. Well-balanced and clean, is a refreshing pint without aggressive flavors.

Aroma: Light to moderate sweet malty aroma, possibly with alight bready or caramelly note. Low to moderate fruitiness is optional, but acceptable. May have a low to medium hop aroma, and can reflect almost any hop variety although citrusy, floral, fruity, and spicy notes are common.

Appearance: Light yellow to deep gold in color. Clear to brilliant. Low to medium white head with fair to good retention.

Flavor: Initial soft malty sweetness, but optionally some light character malt flavor (e.g., bread, toast, biscuit, wheat) can also be present. Caramel flavors typically absent; if present, they are typically low-color caramel notes. Low to medium fruity esters optional, but are welcome. Light to moderate hop flavor (any variety), but shouldn’t be overly aggressive. Medium-low to medium bitterness, but the balance is normally towards the malt or even between malt and hops. Finishes medium-dry to slightly malty-sweet; impression of sweetness is often an expression of lower bitterness than actual residual sweetness.

Mouthfeel: Medium-light to medium body. Medium to high carbonation. Smooth without being heavy.

Comments: Brewpub alternative to standard American lagers, typically offered as an entry-level craft beer.

History: An American craft beer style produced by many microbreweries and brewpubs, particularly those who cannot
produce lagers. Regional variations exist (many US West Coast brewpub examples are more assertive, like pale ales) but in most areas this beer is designed as the least challenging beer in their lineup.

Characteristic Ingredients: Generally all malt, but can include up to 25% wheat malt and some sugar adjuncts. Any hop variety can be used. Clean American, lightly fruity English, or Kölsch yeast. May also be made with lager yeast, or cold conditioned. Some versions may have honey, spices and/or fruit added, although if any of these ingredients are stronger than a background flavor they should be entered in those specialty categories instead.

Style Comparison: Typically has more flavor than American Lagers and Cream Ales. Less bitterness than an American Pale Ale.

Vital Statistics: OG: 1.038 – 1.054
IBUs: 15 – 28 FG: 1.008 – 1.013
SRM: 3 – 6 ABV: 3.8 – 5.5%

Commercial Examples: Kona Big Wave Golden Ale, Pelican Kiwanda Cream Ale, Russian River Aud Blonde, Victory Summer Love, Widmer Citra Summer Blonde Brew

長くなるので詳細な説明は省きますが、IPA全盛の今、恐らくアメリカンブロンドエールはちょっと地味でそんなに人気がないのかもしれません。しかし、”Overall Impression”の部分にもありますが、「いかつい味わいは無く、クリーンでバランスの良いリフレッシングな一杯」。ホップの苦味や香味だけが突出することなく、とにかくバランス重視という点も日々飲むお酒としてはとても大事だと思います。いかついものばかりだと疲れちゃいますからね。派手さはないけれどしみじみ感じる美味しさはどこかホッとするのです。

東京や大阪ではクラフトビール専門店がかなり増え、ブルーパブも増加傾向です。輸入ビールも本当にたくさん出回るようになりました。しかしながら、全国的なムーブメントとなり広く一般に知られるようになったかと言えばまだ疑問です。今日生まれて初めてクラフトビールを召し上がる方も多数いらっしゃることでしょう。そういう意味で言うと、人気のIPAをガンガン繋いでいくことも必要ですが、「数あるクラフトビールのスタイルの中のひとつの典型」として啓蒙的な意味合いで1タップこういうものがあることは今後のシーンの醸成、成長を考えた時に意義深いのではないでしょうか。Commentsには”typically offered as an entry-level craft beer(一般的には初心者向けクラフトビールとして提供される)”とありますが、単に飲みやすいとか癖が少ないという意味での初心者向けなのではなく「その先へと長く続くクラフトビールの文脈を追体験する」という視点で捉えてみることもまた大事な作業だと思っているのです。そうすることで次の一杯の意味がより深まっていくだろうと考えています。アメリカンブロンドエールは正に今試すべきビールなのではないでしょうか。

度数も高くなく、ホップも弱いお酒なので劣化しやすいことは否めませんが、こちらはキーケグ詰めでリーファーコンテナ輸入・定温倉庫保管。夏場は自動的にクール便にてお届け致します。お店では冷蔵保管しつつご提供頂ければと思います。数量限定ですが、現在CRAFT DRINKS SHOPにてご注文を承っておりますので、詳細についてはショップ内のページにてご確認くださいませ。なお、CRAFT DRINKS SHOPは飲食店様限定の会員制ショップとなっております。誠に申し訳ありませんが、一般の方はご利用頂けません。飲食店様は下記のリンクに移動し、必要事項を記入して無料の会員登録をお願い致します。

Related Post



RELATED POSTS