世界最大手の最近の動向について④日本支社について

Jun 8, 2017

第四回目は日本支社に関してです。以前から情報は掴んでいたのですが、公式発表が出ていなかったので書くのを控えていました。先日、日経新聞に出たのでもう解禁です。

ABインベブ日本法人社長「プレミアムビールは成長余地」

このインタビューの中で7月からコロナがインベヴジャパン扱いになることが書かれています。モルソン・クアーズ・ジャパンだったのですが、遂にインベヴにエージェントが切り替わります。

この話題を知ったのは実はかなり前からでした。試しにgoogleやyahooで「コロナ 日本 インベブ 求人」と検索してみてください。去年からインベヴ日本法人でコロナのプロモーション担当を求人していました。7月から何かしらの動きがあるのだと思われます。

気がつけば、日本にグースアイランドが紹介されて随分経ちますね。楽天にオフィシャルショップがあるのですが、現在グースアイランドだけでなく、ブルーポイント(Blue Point)、テンバレル(10Barrel)、エリシアン(Elysian)もラインナップに加わっています。コロナという低価格スタンダードだけでなく、クラフトレンジのものの拡充も随分進みました。良いお酒なのに常温流通なのが残念であり、勿体無い・・・。

CRAFT DRINKSは「大手やその傘下だからダメ」だというつもりはこれっぽっちもありません。気軽に色々な物が手に入るようになることは良いことです。しかし、美味しく醸したものを劣化させることなく良い状態でお届けし、それを心ゆくまで楽しんで頂くことこそが一番大事だと考えています。そのことに関して会社の規模だとかは全く関係無いと思っています。

日本には四季があってこれから夏を迎えますが、ビールにはかなり厳しい季節となります。以前、【おしらせ】一部地域を除き、全商品送料無料です!でお伝えした通り、私どもではこう考えています。

CRAFTDRINKS SHOPでは倉庫からお手元までダイレクトに配送致します。そして、一部地域を除き、全商品送料無料です!夏場の暑い時期は必ずクール宅配便でお送り致しますが、そちらの料金も私どもで負担いたします。

CRAFTDRINKSは高品質なものを高品質のままお届けする為にすべきことは絶対に手を抜かず、惜しまずやろうと決めています。ビールは熱が入ると途端に劣化します。いくら定温コンテナ(リーファーコンテナ)で日本まで輸入して、国内輸送の間に熱が入ってしまったら全く意味がありません。最高の作り手が情熱を持って醸したお酒が常温で何軒も業者をたらいまわしにされて劣化してしまったら・・・誰も幸せにならないのです。それを避ける為に、ご希望があっても無くても倉庫からダイレクト配送。そして、気温が高くなれば必ずクール宅配便を使用します。「もったいないから常温で出して」と夏場に仰られても、断固拒否します。絶対にクール宅配便です。誠に申し訳ありませんが、ここは譲れません。

プレミアムビールに成長の余地があるのであれば、それはビールそのものの品質とその上質な顧客体験の提供によるものであるはず。少なくともCRAFT DRINKSはそう信じています。

Related Post



RELATED POSTS