Foodex Japan 2017に行って参りました①

Mar 9, 2017

Foodex Japn 2017に行って参りました。初日の口開けから会場をくまなく周り非常に疲れましたが、収穫もたくさんあったように思います。CRAFT DRINKSはクラフトビールはもちろんですが、ハードリカーであっても美味しければ全てを愛しています。世界の流れと日本の立ち位置、そして自分の今いる場所をお酒を通して改めて感じる一日になったのでした。

会場の幕張メッセのホール1から10まで使った、非常に広い会場に何万点も出品されていますので全てを見て回ることは不可能です。今回チェックしたものを備忘録も兼ねて抜粋してご紹介。

オーストラリアのシードル、ポワレ、両方ブレンドしたもの(インダストリアル系)

オーストラリアの新しい蒸留所、23th street distilleryのもの。右からジン、ウイスキー、ブランデー2種(樽と熟成年数の違い)非常に良く出来ていて、特にブランデーが美味。コスパの良さに二度ビックリ。

アメリカ・マッドリバー醸造所

遂に、ミッション醸造所のビールも日本に!ヴァイツェン美味。

結局日本のビールはここだけでした。山口地ビールさん。安定の美味しさのヴィツェン。

ル ブルターニュさんにて。写真は無いですが、他にもシードルも全種試飲。そばのウイスキーは正直良くわからなかったです、ごめんなさい。
 

噂のタップマルシェ。予想以上にIPLが美味しくてビックリ。

ブリュードッグさんにてご挨拶がてら一通り。

モンテ物産を素通りしようとしたらモレッティのホワイト発見。

ハワイの蒸留所のウイスキー、ラム。そして、それを使ったリキュール各種。

メキシコブースにて。お酒は届いているのに、出展者がそもそも来日していないという・・・で、ブースを仕切っているのがたまたま来ていてお客さんというのだからメキシコブースは面白い。日本未入荷メスカル4種。

フィンランドのピルスナー。

グルジア(今はジョージアが正解)のチャチャ。グラッパのようなもので、3つスタッキンググして1つの化粧箱に入っている。熟成なし・短め・長めの3種があって、短めのものがバランス良くて美味しい。

続く。

Related Post



RELATED POSTS