タップマルシェとその意図 1

Jan 23, 2017

注目すべき新しい動きがありました。予想通り、2017年はクラフトビールの転換点になりそうです。先日出たこちらのプレスリリースをご覧になった方も多いのではないでしょうか。衝撃的な発表です。

「Tap Marché(タップ・マルシェ)」を地域限定で展開

キリンビールからペットボトル詰めのクラフトビールとその専用サーバーがリリースされることになりました。詳しくはリンク先でご確認頂きたいのですが、要点だけ拾って挙げておきます。

  • 小型容器(ペットボトル、容量3L)
    専用ディスペンサーを開発
    2017年4月をめどに、1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の飲食店にて展開
    2017年に1,000店での取り扱いを目指す
    展開ブランドはスプリングバレーブルワリー・グランドキリン・ヤッホーブルーイング・ブルックリン・ブルワリー

クラフトビール専門店のみならず、一般の飲食店にガンガン広めていこうというわけです。以前発表していた通り、キリンビールはシェアをがっつり取りに来ました。その布石であることに間違いありません。

これに付随して予想されることがたくさんあるので、次回以降それぞれCRAFT DRINKSなりに触れてみたいと思います。

Related Post



RELATED POSTS