New England IPAの勉強会に参加しました

Jan 19, 2017

先日、東京・代々木のWatering Holeさんで開催されたNew England style IPAの勉強会に参加して参りました。業界関係者が多数集まり、その注目度の高さが分かります。

New England IPAは昨年のCRAFT DRINKS的Beer of the yearでもご紹介したtree house brewingに代表される、柔らかくてトロピカルなアロマがしっかり乗った新しい方向性のIPA。hazy(濁った)な外観も特徴的です。初めて飲んだ時、マンゴージュースかと思ってビックリしました。

典型として試飲したのが、トリリウム醸造所のものとツリーハウス醸造所のもの。なるほどね〜。

American Homebrewers Associationのweb版にNew England IPA: The Haze CrazeおよびTips on Brewing New England IPAという記事がありますので、是非お目通し下さい。なお、テクニカルな部分についてはもう少し資料が揃ってから書きたいと思いますので、また改めて。

個人的にはいかつい苦味のIPAはそれほど得意ではなく、特に苦味だけではなく渋みも引っ張ってきてしまったものはしんどい。クラリティ(清澄度)が高くても低くても、ホップの苦味と香りをきれいに引き出しているものが好みです。モルトとのバランス感ももちろん重要です。その点でNew England IPAはストライクゾーンど真ん中。アロマがグラッシー(grassy、草のような)ではなく、トロピカルフルーツを思わせるニュアンスなのも良いですね。フレッシュさ命のものなので、是非国産で醸して頂きたいところ。ブルワーの皆様に心からお願いしたいと思います。

Related Post



RELATED POSTS