【速報】ブルックリン、キリンが国内生産開始

Sep 14, 2016

昨日まで2日間、CRAFT DRINKS BAR @sansaをオープンしました。お足元の悪い中多くの方にお越し頂きました。心より感謝申し上げます。またこのような機会を設けたいと思いますので、その際はまたご案内致します。この度は誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

さて、ご挨拶もそこそこに、速報が入りました。日経新聞の見出しは「米著名クラフトビール、キリンが国内生産」となっており、アメリカのBROOKLYN BREWERYのビールを日本のキリンビールが国内生産することになったと報じています。詳しいことはまだはっきりしませんが、今のところ明言されているのは以下。

  • 2017年1月をめどに合弁会社を設立する。キリン側が50%超を出資するもよう。
    「ブルックリンラガー」の缶、瓶、飲食店用たる生をキリン工場で生産し、高級スーパーや酒販店、都心の飲食店などを通じて独占販売。
    国内クラフトビール市場は約4万キロリットルで、キリングループはそのうち約4分の1を占める。2021年に市場は15万キロリットルに成長すると予想されており、キリンは50%のシェア確保を狙っている。

今までBROOKLYNのビールはネストビールを生産する木内酒造が製造していて、一部流通しておりました。しかし、今回ライセンスが完全にキリンに移ることになるようです。

注目すべきは要点の最後。大手ビール(発泡酒、第三のビールは含みません。)はレンジによって幾つかに分けられるでしょう。

  • スタンダード アサヒスーパードライ、キリン一番搾りなど(最安値価格帯のビール)
    プレミアム サッポロエビス、サントリープレミアムモルツなど(スタンダードより数十円高いゾーン、プレミアムの定義は特に無い。)
    クラフトカテゴリー クラフトセレクト、クラフトラベルなど(いわゆる「クラフトビール」と区別するため、業界紙などでは「クラフトカテゴリー」としています。)

現在各社高級商品を投入していきており、キリンはすでにグランドキリンを発売しています。日経新聞によると、「1本400~500円程度と一般的なビールより高くなるとみられる。」すでに展開していた「クラフトカテゴリー」よりも更に上を行くものを出そうとしているのであり、海外の著名なビールの看板を使った大手による新カテゴリー開発の第一歩と見て良いと思います。そして、本気で50%取りに来ると思います。(記事で言われている「クラフトビールの定義」が曖昧に感じられるので、統計が取りにくい気もするのですが・・・)

もう一点付け加えます。「缶を製造する」と書いてありましたね。これはコンビニ、スーパーへの展開もしますよ、という意味です。すでに多くのビールで埋め尽くされていますが、キリン商品がまた一つ増えます。物理的に限られた棚を様々な銘柄が埋めつつも、実は親会社は一つだったという状況に持っていく為のポートフォリオに違いありません。

これに黙っていないのがアサヒでしょう。ミーンタイム、ペローニ、グロールシュが絶対に近々上陸します。店頭棚戦争勃発の予感です。

インベヴ、リベートばら撒き作戦に・・・のようなことが起こらないといいなぁ・・・と私は思っています。

Related Post



RELATED POSTS