伸びているのは何か?①

Jun 27, 2016

クラフトビールが正に世界的ブームであることは間違いありません。産業として伸びまくっています。しかし、クラフトビールがこのまま未来永劫伸び続けるわけでもない。「クラフト」と呼ばれるカテゴリーの中でも流れがあり、当然時とともに勢力図が変わってきます。今日はそんなお話です。

海外の情報サイトpastemagazineで“Big Craft” Beer Appears to be the Culprit In 2016 Sales Slowdownという記事がありました。非常にい興味深いお話なので、ぜひご紹介したいと思います。それほど長くないので段落ごとに引用して要点をまとめていきます。

Despite a seemingly neverending surge in popularity, a new market study shows that the growth of craft beer sales appears to be slowing. According to market research firm IRI worldwide, craft brew sales are so far up only 6.5 percent year-to-date through May 15, down from more than 17 percent gains last year.
クラフトビールの成長が鈍化しているようです。調査会社によると、昨年は17%でしたが、5月15日の段階で伸びは6.5%に留まっています。

However, pouring a few certain companies out reveals a different trend.
今までとは違うトレンドが見えてきます。

Brewers Association chief economist Bart Watson took to Twitter to point out that if non-Brewers Association companies such as Blue Moon and Shock Top are taken out of the equation, craft growth goes up almost 9 percent. IRI includes them in their numbers, where the Brewers Association does not, given that Blue Moon is owned by Coors and Shock Top by Anheuser.
BAのエコノミストいわく、ブルームーンやショックトップを除けば伸びは約9%。調査会社のデータにはこれらが含まれている。
※ブルームーンやショックトップはいわゆる「クラフティ」と言われている、大手傘下のもの。BAの定めるクラフトブルワリーの定義には当てはまらないとする意見も多い。詳しくはこちらを参照して下さい。CRAFTY(クラフティ)問題をおさらいしておこう

In an interview with drinks site Brewbound, Watson said the big brewery-caused deflation is even more prominent.
エコノミストはビッグブルワリーの成長鈍化がはっきりしたと言っています。

Large craft brewing companies that are do qualify for the Brewers Association definition, such as Yuengling, Boston Beer, New Belgium and Sierra Nevada, are all down a combined 4 percent. This surprising data could point to a shift from consumers drinking larger regional breweries and focusing more on their smaller locals.
BAの定義に沿った大きなクラフトブルワリーは4%ダウンで、大きなブルワリーからもっと小さなローカルなものに消費者の目が向いていることが指摘されています。

“I don’t think IRI has Yuengling in their craft, but the other three are 33.9 percent of IRI’s craft cases right now,” said Watson. “Add in Blue Moon and Shock Top and you’re looking at 48 percent of IRI ‘craft,’ which is down 8 percent in the last four weeks. That’s going to pull hard on any number.”
Yuengling を除く大手クラフトビールで33.9%、ブルームーンやショックトップを含めると48%。ここ4週間で8%ダウン。

Conversely, as Watson tweets, Brewers Association-certified craft is actually up 10.4 percent in IRI’s scan of the industry.
逆に、BAの定めに沿うクラフトは10.4アップ。

So in summary, smaller craft brews are selling fine, while venerable companies such as Sierra Nevada and New Belgium are seeing signs of a troubling future. As you drink in this info, consider revisiting our feature on the future of craft beer.
小規模なところは順調に販売が伸びているが、シエラネヴァダやニューベルジャンのようなところには厳しい将来が待っているかもしれません。

なるほど・・・非常に興味深い内容です。長くなるので私の考察は次回以降に行いますが、キーワードとして以下のものを拾っておきたいと思います。

大手ビール会社 VS クラフトビール / 大規模クラフトビール(クラフティ)VS大規模クラフトビール(独立系) / 大規模クラフトビール(独立系)VS小規模ローカルクラフトビール

このお話は日本の将来にも似ているかもしれません。続く。

Related Post



RELATED POSTS