クラフトビールの力 前編

May 2, 2016

クラフトビールの力はすごい。人を動かす。
そんな事例を見つけました。ちょっと長くなるので、前後半に分けて書きたいと思います。取り上げるビールはRussian River Brewing Companyのpliny the youngerです。

まずはpliny the youngerが何なのかからご紹介しておかないといけませんね。
pliny the youngerはRussian River Brewing Companyの作るトリプルIPA。世間ではインペリアル IPA(略してIIPA)とも言われています。pliny the elderの甥っ子かつ養子の息子を意味するネーミング。男だけど、姉妹品ってことです。醸造所のHPでpliny the elderを項目を見てみましょう。pliny the elderというネーミングの由来についてこう書いてあります。

“Pliny the Elder”.
Pliny, the man, lived in the first century- 23 to 79 A.D. According to our brewing references, he and his contemporaries either created the botanical name or at least wrote about Lupus Salictarius, or hops, currently known as Humulus Lupulus.
紀元1世紀、23年〜79年まで生きていた人。調べたところによると、彼とその仲間が現在Humulus Lupulusとして知られるホップについてLupus Salictariusという名称を生み出した、もしくは少なくともそのことを記述しました。

ホップという言葉の生みの親、というところでしょうか。pliny the elderはそういう人で、その養子の息子がthe youngerとなります。ちなみに、お父さんの方は飲んだことがあります。ものすごく苦いのにものすごくきれいで、渋みが一切ないのです。一つの理想形かもしれません。

pliny the elder

pliny the youngerは醸造所のHPでも書いてある通り、2月に2週間だけ飲める限定品でマニア垂涎のアイテムです。ちなみに、ratebeerでも100点でTop50にも入っています

Pliny the Younger, the man, was Pliny the Elder’s nephew and adopted son. They lived nearly 2,000 years ago! Pliny the Elder is our Double IPA, so we felt it was fitting to name our Triple IPA after his son. It is almost a true Triple IPA with triple the amount of hops as a regular I.P.A. That said, it is extremely difficult, time and space consuming, and very expensive to make. And that is why we don’t make it more often! This beer is very full-bodied with tons of hop character in the nose and throughout. It is also deceptively well-balanced and smooth.

Availability
Pub draft only, VERY limited distribution locally and to distributors on draft only, seasonal- released at our pub the first Friday of February and is available for just 2 weeks, available at select accounts during February.

長くなりましたが、この激レアビールがものすごいことになっています。単にレアだとか、人気だというだけではありません。周辺も巻き込んだ、一大ムーブメントと言ってもよいかもしれません。クラフトビールには力がある。続きはまた明日。

Related Post



RELATED POSTS