トラピスト修道院は20箇所(2016/9/22 加筆あり)

Dec 28, 2015

いつも変だなぁと思っていることの一つに「トラピスト」のことがあります。本やインターネットでは「ビアスタイル」として紹介してあったりするのを見かけますが、実際は様々なタイプのビールがトラピストに分類されていて何を以って「トラピスト」なのか分かりにくい。すごくモヤモヤするのです。ここで「トラピスト」のことをちょっと整理しておきたいと思います。

まず押さえておきたいのは“国際トラピスト会修道士協会”(International Trappist Association、略してITA)というキリスト教の一派であるシトー派の団体のことです。この団体には20の修道院が加盟しており、世界各地にその加盟修道院があります。その厳しい戒律を守りながら神に祈りを捧げている、非常に禁欲的で敬虔な人たちの集まりです。ここに加盟していないと「トラピスト」には認定されません。以下に加盟修道院を列挙します。

Achel (ベルギー)
Brecht (ベルギー)
Brialmont (ベルギー)
Cardeña (スペイン)
Clairefontaine (ベルギー)
Echt – Tegelen (オランダ)
Engelszell (オーストリア)
Klaarland (ベルギー)
Mariawald (デンマーク)
Mont des Cats (フランス)
Orval (ベルギー)
Rochefort (ベルギー)
Scourmont Lez Chimay (ベルギー)
Soleilmont (ベルギー)
Spencer (アメリカ)
Tilburg (オランダ)
Tre Fontane (イタリア)
Westmalle (ベルギー)
Westvleteren (ベルギー)
Zundert (オランダ)

各修道院は施設の修繕や修道院の運営等を目的に様々な商品を作っています。「非営利」です。 儲けることが目的では無いので、無闇に規模を拡大したりしません。チーズやジャム、リキュールや石鹸など多岐に渡り、宿泊施設として稼働しているところもあります。ビールもその商品群の一つに過ぎないのです。「国際トラピスト会修道士協会加盟の修道院は世界に20箇所もあり、非営利で色々なものを作っていてビールだけではない。」、まずはここを押さえておいてください。

次回以降、もう少し掘り下げてみたいと思います。

2016/9/22 加筆。
イタリアのtre fontane(トレフォンターネ)が一般発売を開始しているそうです。イタリアに行かれたら是非探してみて下さい。トレフォンターネの公式HPはこちら

Related Post



RELATED POSTS